9ベンチマークのIntel Core m7-6Y75。 仕様

Intel Core m7-6Y759ベンチマークでのテスト。 Intel Core m7-6Y75仕様:アーキテクチャはSkylake-Y、コア数は2、スレッド数は2です。 Intel Core m7-6Y75の基本クロック速度は1.20 GHzです。このモデルは、BGA 1515のソケットを備えたマザーボードをサポートしています。サポートされているメモリタイプはLPDDR3-1866(最大)です。 PCIeバージョンは10です。

0.0 から 0 ユーザー評価
Intel Core m7-6Y75を比較します
VS
他のプロセッサ

基本仕様Intel Core m7-6Y75

Intel Core m7-6Y75の技術仕様とベンチマークでのパフォーマンステストにより、Intel Core m7-6Y75のすべての長所と短所がわかります。クロック速度とL2/L3キャッシュのキー数値を学び、正しい決定を下してください。

Essentialsの仕様 Intel Core m7-6Y75

一般的な技術情報は、CPUのコアとスレッドの数、およびベースとターボブーストのクロック速度の基本データを示しています。 パフォーマンスに影響を与える主な機能は次のとおりです。

CPUスレッド: 2 / 4
ハイパースレッディング: Yes
オーバークロック: No
周波数: 1.20 GHz
ターボ(1コア): 3.10 GHz
ターボ(2コア): 2.40 GHz

CPUの生成とファミリ Intel Core m7-6Y75

Intel Core m7-6Y75 CPUの生成、使用セグメント(コンピューター、サーバー、またはモバイルタイプ)、CPUの先行モデル、およびその後継。

CPUコア: 2
世代: 9

プロセッサグラフィックス Intel Core m7-6Y75

すべてのCPUにグラフィックコアが組み込まれているわけではありません。 ただし、Intel Core m7-6Y75に内部グラフィックがある場合は、別の利点があります。 グラフィックコアのベースクロック速度とターボクロック速度に注意してください。

GPU名: Intel HD Graphics 515
GPU周波数: 0.30 GHz
GPU(ターボ): 1.00 GHz
実行ユニット: 24
シェーダー: 192
最大。ディスプレイ: 3
世代: 9
Direct X: 12
テクノロジー: 14 nm
発売日: Q3/2015

ハードウェアコーデックのサポート Intel Core m7-6Y75

プロセッサIntel Core m7-6Y75がサポートするハードウェアコーデックを理解しましょう。 最終的なパフォーマンスに影響を与えない技術情報。

h2658ビット: Decode / Encode
h26510ビット: Decode
h264: Decode / Encode
VP8: Decode / Encode
VP9: Decode
脳卒中: Decode / Encode
VC-1: Decode
JPEG: Decode / Encode

メモリ仕様 Intel Core m7-6Y75

Intel Core m7-6Y75プロセッサでサポートされているRAM。 最大メモリサイズ、タイプ、メモリ帯域幅、動作速度など。

PCIeバージョン: 3.0
PCIeレーン: 10
メモリタイプ: LPDDR3-1866
メモリチャネル: 2
等: No
AES-NI: Yes

熱管理(TDP) Intel Core m7-6Y75

TDPは、Intel Core m7-6Y75CPUに必要な冷却システムを示します。 熱設計電力の略です。 すべてのCPU仕様は次のとおりです。最高温度、電源の概算熱計算など。

TDP: 4.5 W
TDPアップ: --
TDPダウン: --
ジャンクション最大: --

追加仕様 Intel Core m7-6Y75

Intel Core m7-6Y75技術仕様には、チップ製造の技術プロセス(ナノメートル単位)、L2 / L3のキャッシュ、中央コアのアーキテクチャ、およびISA拡張に関する一般的なデータが含まれています。

L3-キャッシュ: 4.00 MB
建築: Skylake-Y
テクノロジー: 14 nm
仮想化: VT-x, VT-x EPT, VT-d
ソケット: BGA 1515
発売日: Q3/2015

使用条件 Intel Core m7-6Y75

で使われる: Unknown

Cinebench R15(シングルコア) - Intel Core m7-6Y75

これは、ハイパースレッディングが指定されていないシングルコアを使用してCPUをテストするためのCinebenchR15ベンチマークです。 レンダリングのテストにおける実際のパフォーマンスは、すべてのCPUセグメントに完全に適しています。 CinebenchR15の結果と以下のスコア数をご覧ください。

Cinebench R15(マルチコア) - Intel Core m7-6Y75

Cinebench R15ベンチマークは、テストですべてのCPUコアをサポートし、ハイパースレッディングを考慮に入れています。 これは、ブランドソフトウェア会社のCinema 4 SuiteofMaxonで開発されました。 CinebenchR15のスコアを以下に示します。

iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS) - Intel Core m7-6Y75

テストベンチマークiGPUは、中央処理装置に統合されたグラフィックコアです。 ビデオチップの高速パフォーマンスをベンチマークするための一般的なグラフィックスパフォーマンスがテストされます。 評価点は以下のとおりです。 すべてのメーカーが内部グラフィックコアを組み込んでいるわけではないことに注意してください。 したがって、パフォーマンスの一般的な結果はこのパラメーターに依存せず、これは優れた利点と見なされます。

Geekbench 3、64ビット(シングルコア) - Intel Core m7-6Y75

Geekbench 3、64ビット(シングルコア)は、シングルコア操作での計算やレンダリングなどのハードシナリオでCPUをテストするために使用されるベンチマークです。 パフォーマンスのテスト結果を以下に示します。

Geekbench 3、64ビット(マルチコア) - Intel Core m7-6Y75

Geekbench 3、64ビット(マルチコア)は、レンダリングと計算のさまざまなシナリオでCPUパフォーマンスをテストするプロの合成ベンチマークの最初のバージョンです。 ベンチマークにはすべてのコアが含まれ、CPUのハイパースレッディングをアクティブにします。

Cinebench R11.5、64ビット(シングルコア) - Intel Core m7-6Y75

シングルコアCPU用のCinebenchR11.5ベンチマークは、パフォーマンスをテストするためのプロフェッショナルな合成アプリの最初のバージョンです。 Cinebench R11.5は、Cinema 4 Suiteアプリに基づいて、ハイパースレッディングなしでCPUのシングルコアをテストします。 これは、前世代のCPUの速度評価に適しています。

Cinebench R11.5、64ビット(マルチコア) - Intel Core m7-6Y75

Cinebench R11.5は、ハイパースレッディングを指定したマルチコアに使用されます。 Cinebench R11.5は、Cinema4SuiteソフトウェアのすべてのCPUコアのパフォーマンスをテストします。 CinebenchR11.5のすべてのCPUコアのパフォーマンス評価の結果を以下に示します。

Cinebench R11.5、64ビット(iGPU、OpenGL) - Intel Core m7-6Y75

Cinebench R11.5は、ハイパースレッディングを指定したマルチコアに使用されます。 Cinebench R11.5は、Cinema4SuiteソフトウェアのすべてのCPUコアのパフォーマンスをテストします。 CinebenchR11.5のすべてのCPUコアのパフォーマンス評価の結果を以下に示します。

PassMark CPU Mark - Intel Core m7-6Y75

PassMarkベンチマークの評価は、すべての経験豊富なユーザーの間でより信頼できます。 まさにPassMarkがCPUパフォーマンスのテストで主導権を握っています。 CPU速度の評価結果は、複雑な計算と3Dレンダリングの条件でチェックされます。

0.0 から 0 ユーザー評価